注射が苦手な看護師のための求人特集!!

MENU
2015/07/18 09:23:18 |

介護関連の仕事は、基本的に注射の作業はないと思ってもらっていいでしょう。日本全国で募集の出ている訪問入浴も介護関係の事業所が募集しているので、注射行為をすることはまずありません。訪問入浴の仕事ですが、介護士とチームを組んで仕事をします。

 

入浴の介助などは主に介護士が行います。看護師は利用者のバイタルチェックを行います。そして入浴できるだけの体力を有しているかどうかの確認をします。もしバイタルに異常が発見された場合には、入浴の注意を求めることもあり得ます。

 

入浴の介助ですが、基本的には介護士が担当することになります。しかし場合によっては介護士の手が足りないこともあり得ます。そのときには看護師も一緒になって入浴の介助をすることもあります。

 

訪問入浴は土日は基本的に休日の所が多いです。あらかじめ決められたところを回って仕事をするので、多少の残業はあるかもしれませんが大幅に仕事の終わりが遅くなることもありません。

2015/07/18 09:23:18 |

待機児童の問題がメディアで取り上げられていることからもわかるように、働く女性をサポートするためには保育園を増やす必要があります。そこで看護師の今後の就職先として、保育園も有力な候補になる可能性は十分あります。保育園の仕事内容ですが、子どもたちの健康管理が中心となります。子供たちの様子をチェックして、普段と変わった様子がないかどうか確認をします。

 

また園児の中には、服薬の必要な子どももいるかもしれません。その場合には薬を飲む時間になったら、適量をその園児に飲ませてあげるように指導します。薬の管理を任されることもあるでしょう。しかし小児科クリニックなどとは違って基本的に医療行為をすることはありません。病変やけがをして、保育園では対処しきれないのであれば病院に治療をお願いするので、注射をすることはまずありません。

 

保育園はやはり子供がもともと好きという人に向いている職場でしょう。子供と一緒にお遊戯などもしますので、子供好きの人には適した職場といえます。

2015/07/18 09:23:18 |

看護師の中には、どうも注射が苦手という人も多いようです。うまく注射針を指すことができないという人もいれば、血を見るのが苦手という人も中にはいるようです。注射の業務をなるべく避けたいと思っているのであれば、医療関係ではなく介護関係の仕事を探してみるのはいかがですか?

 

介護関連の看護師求人はここにきてかなり増えてきています。やはり高齢化社会が進んでいることもあって、介護スタッフが慢性的に不足していることが影響しているのでしょう。その中でも訪問看護の仕事は基本的に注射の業務はないと思ってください。バイタルなどをチェックして、患者の薬の管理などをするのがメインです。

 

訪問看護の仕事の場合、患者やその家族とのコミュニケーションが必要です。家族の中には日々患者の介護をしていて、精神的に疲れているケースもあります。そこで看護師に対して、日常の介護における悩みごとの相談を持ちかけることもあります。このような時に親身に話を聞き、アドバイスをすることも大事です。

2015/07/18 09:23:18 |

注射がない職場で仕事をしてみたいと思っている看護師がいれば、コールセンターの仕事を探してみるのもいいでしょう。コールセンターの求人ですが都市部を中心に増加傾向です。主に募集しているのは成約や医療機器、食品メーカーなどです。これらのメーカーでは、健康相談をお客さんから受け付けます。お客さんからの問い合わせがあれば、電話で対応する形になります。

 

コールセンターの仕事は電話による会話だけでコミュニケーションをとる形になります。そこでコミュニケーションスキルが病院以上に求められるということを認識しないといけません。素人の方にもわかりやすく解説をして、言葉だけで相手を納得させる必要があるわけです。

 

コールセンターの募集は、大量採用の案件も結構あります。このため応募すれば、ほぼ確実に採用されるケースもあります。コールセンターで実際に仕事をしてみればわかりますが、さまざまな年齢層の方が仕事をしてます。多少年齢の上の方でも応募できるでしょう。

2015/07/18 09:23:18 |

看護師の求人情報の中には、イベントナースという募集もあります。文字通りイベント会場に行って、救護室などに入ってお客さんで体調を崩した人とか怪我した人がいた場合には応急処置をする仕事になります。

 

救護室といっても、設備は限られているので大けがや深刻な症状を抱えている人を担ぎ込まれたとしても応急処置しかできません。病院を手配して、適切な治療をしてもらう形になります。ですから注射などの医療行為を行うことはまずありません。そもそも注射器が救護室にはおいていない可能性も高いです。

 

イベントナースの仕事ですが、あくまでも万が一のときのためにスタンバイしていると思ってください。コンサート会場やスポーツイベント、テレビ局関連のイベントなどが職場であることが多いです。このようなイベントに参加するのは健康な人ばかりでしょうから、仕事はそれほど多くはないと思ってください。

 

ただし将棋倒しなどの大事故の起こる可能性もゼロではありません。大規模な事故が起きたときのために、勤務経験3年以上の看護師を募集する案件も見られます。

 

仕事の分類としては「ツアーナース」と同カテゴリで扱われることが多いので、求人探しの際はその点にも気をつけましょう。ツアーナースの求人特集!! 旅行添乗看護師の募集情報はコチラも合わせて確認しておくことをおすすめします。